サプリメントは薬ではなく、栄養補助食品です

サプリメントは、栄養補助食品で、一般の通常の食生活では不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素を簡単に補給できるように考えられた食品です。

エイジングケアサプリに今、注目が集まっています。

サプリメントは、栄養の摂取を目的とすることだけではなく、ダイエットや美容、筋肉増強などの目的に作られたタイプもあります。
サプリメントは、医薬品の薬ではないため、病気などの治療をすることはできませんが、体の栄養バランスを整え、人が本来もっている自然治癒力や免疫力などを高め、病気にかかりにくい体を作る目的で摂取するのもです。

忙しい毎日を送っているとついつい食事の内容も偏りがちになり、栄養のバランスも崩れてしまいます。



本来は食事から栄養をバランス良く摂取することが大切ですが、三大栄養素の炭水化物や脂質、タンパク質は摂れたとしてもビタミンやミネラルなどはなかなか摂取することは難しく、このビタミンやミネラルが足りないと炭水化物などの三大栄養素を摂っても十分に機能しないのです。そこでサプリメントの活用です。サプリメントは医薬品の薬ではなく栄養素で、不足する栄養素を補う意味もあり、食品と同じと考えることができます。

栄養の補助が期待できるサプリですが、どれでも好きなものを飲めば良いという訳ではありません。まずは、毎日の食生活を見直して摂取できる栄養素は摂取し、どうしても足りない栄養素をサプリで補います。



果物が少ない場合はビタミン類のサプリ、鉄分が不足している場合は鉄分のサプリなど自分に足りないものを補うことが大切です。