車のラッピングにデメリットはあるの?

車を手軽にドレスアップできるという事で人気上昇中のラッピングですが、メリットは料金の安さや貼ったり剥がしたりという作業も比較的やりやすいなど良く知られています。良い部分をある程度理解したら、今度はやはりデメリットもきちんと知っておきたいと思うのも当然です。これから車のラッピングを考えている際に気をつけたいデメリットとしては、料金はフルで作業をする場合には塗装より高くなる事があるという事を覚えておきましょう。必ず見積りを取ってから、納得できる金額かどうかを自分自身でも確認するのは必須です。

手軽に利用できる良さはあるものの、耐久性能は約3年です。3年後にはメンテナンスをする必要が出てくるので、その事も考えた上で利用すると良いでしょう。万が一事故をしてしまって部分的に直さなくてはいけない場合、フィルムを貼っている関係上、一部分だけを補修するというのが困難になる事もあります。他にも、古い車にラッピングをしたいと思うのはいいのですが、塗装面が劣化している事もあるのですが、貼ったり剥がしたりする際に塗装が剥がれてしまうこともあるので、作業を検討しているのであれば業者に状態を見てもらってから行う事が大切です。

耐用年数は基本的には3年ですが、保管状況によって寿命が短くなる事もありますので、なるべく屋内で保管する方が長持ちします。特性上記をつけなくてはいけないこともたくさんあるので、注意点も確認して利用しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です