車のラッピングの寿命

車のドレスアップ方法の一つとして人気が高まっているラッピングですが、塗料を塗っていく塗装とは違って、フィルムを貼ってボディデザインをしていきます。フィルムを貼ったり剥がすだけという作業そのものの手軽さや、料金面の負担も比較的少ないという事で注目を浴びているのですが、その一方でどれぐらい長く使えるのか寿命が気になる方ももちろんいることでしょう。基本的に車のラッピングに使うフィルムは専用のものとなっていますが、約3~5年が寿命とされています。ただし、使うフィルムメーカーによって設定されている耐用年数は違うので、作業前に業者に聞いておくようにしましょう。

フィルム以外の要素でも寿命は変わり、自分自身のカーボディの状態によっても実は変わってくる部分があります。古くなっていると塗装面も劣化していることが多いので、フィルムを上から貼ると塗装が剥がれたりする原因となる事もあります。その為、通常よりも寿命が短くなる場合もありますので、車にラッピングをしたいと考え始めたらボディの状態も確認して問題なければ依頼するようにしましょう。いろんな要素で寿命は変わりますが、作業後になるべく良い状態を保ちたいのであれば、青空駐車場で紫外線や風雨に晒された状態より、屋根がある又は屋内で保管するようにして下さい。

ラッピングの際には業者側からも注意事項の案内がありますので、より良い状態でカーライフを過ごすためにも寿命も気にかけておくようにしましょう。自走式立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です