配送車のデザインで増えてきたラッピング

一口に配送車と言っても、運んでいる物は実に様々です。そして多くの場合、一目でどこの配送車かあるいは何を配送しているかがわかるようなデザインが施されています。たとえばコンビニだったり、郵便だったり、運送会社だったりという具合です。某コンビニの配送車であればブルー、郵便だったら赤など、何度も目にしているので自然に覚えてしまいます。

つまり、配送車はその会社や商品の良い宣伝カーの役割も果たしているというわけです。配送車のデザインの方法は塗料で塗装するのが一般的ですが、最近はラッピングという新しい手法も取り入れられるようになってきています。ラッピングというのは専用の特殊なフィルムにデザインを印刷し、それを車のボディに貼ることを言います。パッと見てもフィルムが貼ってあることはわからず、初めから塗装されているように見えます。

しかし塗装では表現が不可能な写真も綺麗に描かれているのを見たとき、ラッピングのことを知らない人はいったいどうやって描いているのだろうと不思議に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。ラッピングの大きな特徴の一つは表現の自由度の高さで、パソコンで作成したデザインをそのまま印刷することができます。そのため写真でも複雑な模様でも何の問題もなく表現していくことができるのです。しかも一度ラッピングしても、それを剥がして新しいデザインに替えることも簡単です。

ここも塗装とは大きく異なる点です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です