綺麗な発色が可能な営業車向けのラッピング

昭和の時代の営業車は、車に対して塗装にて何かしらの宣伝を行っていることが多くありました。屋根からボディに掛けて自社のイメージカラーに塗装していたり、会社名や代表的な商品名などをボディに塗装していることも多く、この時代ではそれなりに宣伝効果のある車両として使われてきました。時代は進化をしていて、現在の営業車の場合ではラッピングを利用して宣伝を行っている車も増えている傾向にあります。ラッピングは塗装ではなく専用の粘着シートを貼り付ける方法で、曲面であっても綺麗に貼ることができるものです。

メリットは豊富にあり、営業車のラッピングでは従来の塗装の方法と比較した場合では、細部にまでわたって絵柄や文字などを再現することができ、尚且つフルカラーに対応しているので、発色もかなり綺麗なものが殆どです。例えば以前はカラーリング分けや文字の記載に限定されていたものの、営業車のラッピングでは写真などのデザインであっても美しく貼り付けることを可能にしています。結果的にどのようなデザインでも思い通りに営業車をラッピングさせることができるので、自社で取扱いをしている商品の写真や、風景などの綺麗な画像であっても思いのままに表現できるメリットがあります。抜群の宣伝効果も十分に生み出すことができるので、仕上がり次第では会社の売上げアップに貢献できます。

個人で作ることは難しいものですが、プロの施工店に任せる方法であれば、短期間で高品質な車に仕上げることを可能にしています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です