営業車のラッピングで知名度のアップを

自社の取扱商品や会社のアピールなどを兼ねて、営業車にラッピングを施工するメリットは人目を引くことが第一に挙げられます。全面的に塗装することに比べて費用面でも抑えることができ、車体の一部分あるいは全体を希望通りのデザインに施工することができます。移動時間であっても営業中であれば無地の車で走るよりは、せっかく人目に付く場所を通るのであれば、車両全体の広告化は非常に営業効果の高い宣伝方法になります。地元企業であっても地域の隅々まで名前が浸透することは難しいですが、営業車をラッピングすることで得られる宣伝効果は知名度のアップにもつながり、見た人が会社と取扱商品とを紐づけるよいきっかけを作ることに役立ちます。

営業用の車両が複数台ある会社では、同じデザインで統一するよりもエリアごとに色分けしたり、内容に変化をもたらせると認知率も高くなり効果も上がります。自社広告はアピールするポイントや売りたい商品を絞ったうえで行うと効果を得られることもあるので、自社のイメージと戦略を十分に絞り込む必要があります。自社の営業車にラッピングを施工するメリットは、営業をしていく上で無限な可能性を秘めています。配達用の車両であっても商品名や店舗の名前やロゴマークなどを入れるだけで、地域や店舗情報などにより引き付けることができます。

地域に根差した会社を目指しているのであれば、まず覚えてもらいたい部分をアピールすることに重点を置くことが大事です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です