車両にラッピング広告を施す利点

ラッピング車両とは、車のボディに企業名や広告などが印刷された特殊なフィルムを貼り付けた車両のことを言います。広告媒体として利用され世間的に認知されるされるようになったラッピング車両ですが、広告効果が高いことで利用する企業が増えています。路線バスで使用されることが多いのですが、バスはお客さんを乗せる車ですしバス停で止まりますし、また比較的ゆっくり走ることが多いため、道行く人の目に留まりやすい乗り物です。街中をぐるぐると巡るバスは、さも「走る広告塔」のような位置付けです。

この目に触れやすい点に注目してバスのラッピング広告が導入されました。路線バスはフィルムを貼り付ける面積が大きいところが利点です。企業の好みのデザインやロゴなど希望通りに描けますし、文字や絵柄を大きくすればそれだけ目を引くデザインになります。さらに、塗装(ペインティング)で行うよりも施工時間が短くなるのも利点です。

塗装では2~3日かかる場合でも、フィルムをボディに貼り付けるだけなら2~3時間で済む場合もあります。バスのような営業車であれば休車にするのは死活問題ですが、2~3時間で済む作業なら営業の合間に納車して作業をしてもらうことも可能です。また剥がすことはさらに簡単なことなので、広告を出す顧客が変更になった場合も切り換えがスムーズです。広告料金もテレビCMや新聞広告に比べてリーズナブルです。

どの街を走る路線かによって、その街に集まる人の特徴を考えて広告を出せることも利点と言えるでしょう。立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です